スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
カバーの女の子、誰? -理由あって冬に出る-
高校生 美術部員 葉山くんと文芸部部長 伊神さんが校内でおきた幽霊騒動の謎解きに挑む(葉山くん視点でいえば挑まされる)青春ミステリー。 
探偵 伊神、助手(というか使いっぱ) 葉山といった役割で、「フルートを吹く幽霊」、「壁男」といった幽霊騒ぎを解決していきます。 幽霊騒動をあくまで人が行ったトリックという視点から究明する伊神部長と、伊神の言動に振り回されながらも関係者をあたって情報を収集していく葉山。葉山の苦労やとまどいに苦笑しながら読み進められます。
トリックとしては初歩的だけど、構成は面白いです。プロローグの内容が所々にミスリードを産んでいます。2度ほどだまされました。第5章の最後とエピローグもなかなかのしめ方だったと思います。

現代の高校生を書いてはいますが、2007年発表かつ作者が10年くらい前の自分の学生時代をモデルにしたというだけあって、舞台設定は自分の学生時代のころの学校の雰囲気が所々に見られます。物語のメイン舞台である芸術棟の描写などは、自分の高校にあった部室長屋を彷彿とさせる物憂げなだるさ、少しの陰鬱さとそしてノスタルジーを感じたり。前回書いた「氷菓」といい、古い校舎を舞台にした話、好きなのかも。

さて最後にタイトルについて。
toi8さん(*1)が雰囲気あるカバー絵を描いてくれてますが、葉山の隣のメガネの女の子、一体誰? 
本作に出演してるメイン女性キャラは、秋野、高島先輩、柳瀬さんの3人。作内で秋野は葉山より小さく、高島先輩はもっと小さいとの描写がある&葉山くんとの関係性(恋人の演技とか)から、多分柳瀬さんだと思うけど、メガネかけてるって描写全然ないしなぁ。

*1 ) イラストレーター。「まおゆう」など小説のイラストを手がけてる。鉛筆タッチを残した柔らかな画風が好み。キャラ絵もさることながら、背景にある古い学校の建物、乱雑とした様々な備品の色遣い、タッチが秀逸。
| いふ | コミック、書籍 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
秀逸なタイトル 「氷菓」
春の京アニ作品の原作、ということで読んでみました。
「氷菓」
殺人事件が起きたり、物が盗まれたりといったミステリー然とした作品ではなく軽めの青春学園ものといった感じ。 古典部に所属することになった折木らが「あれ、なんでこの部屋に鍵かかってんの?」とか「なんでこの本は定期的に不特定多数の人物に貸し出されているのだろう?」とか、ささいな謎をいくつかのヒントを元に解いていきます。 千反田の「私が叔父から何を聞いたのか思い出させて欲しい」という不思議な依頼を軸に、物語は千反田の叔父 関谷が33年前に何をなしたのか、の探求へと進んでいきます。

劇的な事件もなく、高校生の日常のワンシーンを普通に描いているところに妙なリアルさがある作品ですね。やる気のない折木、好奇心のかたまり千反田…、小説にしてはあまりエッジの立っていないどこかにいそうな登場人物らも同じく。
こういった日常的な風景を京アニはどう表現するか楽しみなところです。「らきすた」「日常」あたりの雰囲気を「ハルヒ」的な絵で描くのかな。得意そうだ、京アニ。

それにしても主題「氷菓」、副題の「You can't escape」共に非常によく考えられたタイトルだと思います。

余談:
作内に「松本深志高校の生徒が西穂高岳で登山中に落雷に逢い、十一人が死亡した」という記述がある。母校の事件なので私は記憶してたが、なんでこんな事件のことを書いたのだろう?とちょっと調べてみた。すると日本山岳事故、落雷事故としてかなりの被害だったということで当時は全国に衝撃を与えたそうだ。知らなかった…。

米澤 穂信
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2001-10-31

JUGEMテーマ:読書
| いふ | コミック、書籍 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
「もふー」 久留里ちゃん -高杉さん家のおべんとう-
柳原望 「高杉さん家のおべんとう」のご紹介。

31歳のオーバードクター 高杉温巳のもとに現れた女子中学生 久留里。
彼女は事故死した叔母 美哉の娘だった。
お弁当を通じて温巳と久留里のゆるやかな交流を描くハートフルコメディ…ってのが
一般的なあらすじ紹介かと。
さらに毎回お弁当のネタ(割と和食に倒れたヘルシーな料理が題材になること多い)と、
ときたま地理学のネタを披露してくれるなかなか雑学要素も多い作品。
で、す、が。
この漫画の趣旨は主人公 久留里をひたすら愛でる漫画なんじゃないかと思います。
例えばお弁当がうまくできた、ってシーンで彼女が満ち足りた顔の横に飾られる「もふー」という擬音とか。
「そうなんだよね」ではなく「そうなんだよ」、「ね」と語尾をちょっとひと呼吸おいて区切る話した方とか。
趣味が特売品を買う、という中学生らしからぬ趣味とか。
色々ツボな要素を満載したキャラであります。

既刊3巻ですが、
あえて2巻を紹介したのは、49頁の久留里が温巳を初めて「ハぁルぅー…」と呼ぶ(ただしこっそりと。面と向かって呼ぶのは3巻を待たねばならない)シーンが掲載されてるからなのである。
必見。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
評価:
柳原望
メディアファクトリー
¥ 620
(2010-06-23)
コメント:久留里の「もふー」と「ハぁルぅー…」(2巻 49P)は必見

| いふ | コミック、書籍 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
あけましておめでとうございます。
今更ですが…。

さて今年の第1回目は本のレビューから。
「向日葵の咲かない夏」
です。
主人公の小学生ミチオの住む町では、最近な犬、猫の殺害死体が幾つも発見されていた。
すべての死体は脚を折られ、口の中には石けんが詰め込まれているという異常な状態で見つかり、猟奇的事件として取り上げられていたが、犯人は未だ捕まっていない。
そんな中、夏休みを直前にしてミチオはあるモノを見つけてしまう。

ミステリーに分類されるんですが、犯人探しが目的ではなく
ミチオは一度見つけたあるモノを再び探すことになります。
あるモノとは「被害者の死体」。
彼が目撃してしまい、その後無くなってしまったクラスメイトの死体を。

彼の相棒は妹のミカとS君、そしてヒントをくれるトコ婆さん。
中でもS君が異色です。
ホームズも金田一耕助もびっくり。
小説冒頭から犯人を知っています

何故なら彼はその殺されたクラスメイトなのだから。
死んだ後、成仏できずに霊となり犯人を暴く話はよくあります。
このタイプのお話、大概は犯人探しが目的なので、死んだ直前のことはショックで覚えてないとか色々いって物語が進むうちに思い出していくのが王道ですが、本作では犯人よりも大事なのはS君の遺体を探すこと。
ミチオもS君に対する謝罪の念や義憤をもって行動を始めます。
新たな事実の発見により、状況が目紛しく変わっていき(*1)、そして…。
というのが冒頭部分。

ミステリの常道:
「人の言ったことを鵜呑みにしてはいけない」
「今までの真実は、新たに見つかったたった一つの事実で覆る」
「今までの情報をすべてリセットして新たな可能性を模索する」
作中でS君がミチオにこのようなことを述べてますが、ほんと鵜呑みにしては駄目です、人の言うこと。何度○○には騙されたことか。
(同じことがまんま「うみねこ」(*1)にも当てはまります)
何度も状況を見直しながら読み進めにゃならず、久々に路線変更が多い作品でした。


あ、そうそう忘れてました。
S君ですが、自分の死体を探すわけだから幽霊なのかというとさにあらず。
霊を経て、この世に転生しました。
蜘蛛に。
なんで蜘蛛?

最後に若干ネタバレになりますが、本作読んで一番やられた、と思ったこと。
映像化は絶対無理だ、コレ。
そういう意味では「葉桜の季節に君を想うということ」の読後と同じ衝撃を受けました。
…いやそれ以上か。
やられた!という素直な驚きと、
そういやこんなパターンあったけど忘れてた!という少しばかりの悔しさ。
あえて言うなら発売時期の夏に読んだ方が臨場感があったのかも。
外では雪が降りしきる中、真夏の物語を読むというのも幻想感はありますが。

*1) 正式名称「うみねこのなく頃に」 同じ世界を少しずつ状況を変えながら繰り返すことで真実を暴きだすという形態を取ったゲームという形態をとった小説。出題編4作は発表済み。全部やったけど真実は闇の中…にあるのかどうかも分からん。
JUGEMテーマ:読書
| いふ | コミック、書籍 | 23:22 | comments(1) | trackbacks(0) | -
29年目の序章完結! 〜風雲への序章 グイン・サーガ 123〜
1979年10月に第1巻 豹頭の仮面刊行以来、実に29年。
それから13年後、1992年 第40巻 アムネリアの罠からオンタイムで読み続けて実に16年。(*1)

前人未到の大長編大河小説「グインサーガ」の序章が終わったそうです(著者 栗本薫談)。
費やした巻数、なんと123巻。
あのナリスもシルヴィアもアムネリスも序章の登場人物に過ぎないとは…(*2)。

とはいえ。
さあ、これから薫センセイが待ち望んだ怒涛の戦乱、三国志の開幕です。

1巻で流浪の旅人であった豹頭のグイン、傭兵イシュトは
ヤーンの定めに従い、あるいは彼自身の腕で運命を掴み取り
ケイロニア、ゴーラの全権を統べることとなります。
そして2人は王女リンダの統べるパロを巡って戦いを繰り広げる。
グインの正体やらヤンダルとの決着やら二世の行く末やら数多の伏線は残っていますが、
やっと物語のメイン ケイロニア-パロ-ゴーラの三国体制(*3)が整いました。
聖王国パロを、パロの真珠リンダを巡って、ケイロニアとゴーラの
戦闘、権謀術策、魔道…、がんがん書き連ねてください。
歴史、戦史マニアの私的にも一番興味のある部分がこれから読めると思うと
楽しみ、…なんですが。
巻末とかで述べてますけど、薫センセイの体調がちょいと心配です。


(*1) よく見たら人生の半分だ…。
(*2) シル(まだ死んでないけど)やアムはともかく、ナリス級の人物がこれから登場するのかしないのか、ってのも気になるところ。三国志を語るにはもう少しグインやイシュト以外の傑物も登場を願う次第。
(*3) 国ではなく人に着目すると、グイン、イシュト、リンダの三角関係に見えなくもない。グインの運命の女性3人って、玉座への道を与えたシルヴィア、彼に子供を授けたヴァルーサ、そしてリンダだと思ってる。リンダがグインに何を与えるのはまだ想像できてないが。
なんで最終巻 「豹頭王の花嫁」の花嫁はリンダで鉄板。
JUGEMテーマ:読書
| いふ | コミック、書籍 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ファースト、Z、ZZ、逆襲の播磨…か? 〜School Rumble完結記念〜
連載終了から2週間。
私の置かれてる状況も多少落ち着いたので、そろそろ
スクランについてまとめようかと思います。

最終回でアメリカの天満、烏丸の下に集結した面々ですが、
卒業から何年経たのか分からないけど基本変わってなさそうで。
準主役級の近況は前回で触れたってことで今回はほとんど触れられてません。
八雲なんかほとんど登場シーンなし。
今鳥やララ(*1)、一条を始め、スクランを飾った多くの登場人物のその後を
ちょっとずつつまんでます。
私がちょっと予想した落ち着いた感じの完結を迎えることはなく、
天満への想いをかっこよくふっきった播磨が
復活してドタバタしたまま大団円を迎えました。
スクランらしいっちゃスクランらしい最終ページ。
ぱちぱちぱち。

さてスクラン全編を通した感想を。
キャラでは個人的には高野イチオシなんですが、
際立ったのは播磨:
マンガとケンカという相容れにくい要素を内包し、
あれほど自在に髪型や風貌を変え続けた主役も記憶がないです
扱いとしては烏丸:
あれほどの放置プレイをされた主役も記憶がないです
の2人に注目したいと思います。
主役のキャラ立ちもしっかりしてたと言えますね(*2)。

スクランの主人公は天満、播磨、烏丸ではあるけれども、
登場してる誰もが主人公であり、そういったバラエティに富んだ個性的なキャラが
それぞれの高校生活を送ってる自然さが魅力だといえます。
天満とほとんど接点のないキャラも多数登場していて(*3)、
彼や彼女らがそれぞれ自分のテリトリーを持ち、自分の生活をしています。
主人公と接点が無い=話の本筋とは関係ない、ということで普通の学園モノでは
モブ扱いとなる彼女らが違和感なくストーリーのそこかしこに
姿を現しているところがコメディではありながら、
妙なリアルさと自然さを醸し出してます。

世界観で言えば天満の恋と播磨の恋という2つのバックボーンはありますが、
そこに固執せず、沢近、八雲、周防、高野といった準主役級を
天満の知らないところで自在に動かし舞台劇に厚みを持たせてます
(割りとこういった構成の話が私はスキらしい)。
物語の厚みという点では、♭も効果的でした。
誰もが主人公になりうる雰囲気(逆に言うと天満が出てこなくても不思議に思わない雰囲気)を
うまく醸成してきたことで、
臆病で引っ込み思案な恋愛を八雲に、
失恋と新たな出会いをテーマとして周防に、
戸惑い、苛立ち、嫉妬、と等身大の恋をテーマとして沢近に、
と、一途な恋を担当する天満には演じることができない分野を担わせ、
一本の作品で複数のテーマを無理なく描けています。
どれも叶ってるのか叶ってないのか微妙な感じで終わらせてるとこが少年誌っぽいですが。
こんな感じで1本の作品なのに、色々なストーリーが楽しめる(作者としても実験的なテーマも連載に盛り込める利点があったかも)幕の内弁当ちっくなお話に相成りました。
ふつーの学園生活を描くラブコメ、コメディは多々ありますが、
ここまでさまざまなベクトルを持つ話を詰め込んだ作品も少ないかと。
発散しかねない危険もはらみますが、そこは一途な天満と播磨がぴしっと太い芯を作品の真ん中に打ち立てていてくれます(基本的にいつもはお互いふよふよしてるんですが)。

TVアニメ、ラジオ、ドラマCD、小説、舞台…
とさまざまなメディア進出を果たしたスクールランブル。

スクランはそして伝説へ……、ではなく
スクールランブルZが9月から月刊連載スタートです。
(しまった。前回のさよなら絶望放送と同じヒキだ)

え?
Z?

Z→ZZ→逆襲、と続くのか
Z→GTと続くのかは分かりませんが、月刊連載を楽しみにするとします。
一体どの時間軸について触れるのか(彼女らの高校3年なのか、
最終回以降の未来なのか(*4)、はてさて。

*1)
ララはまだ落ち着きがない模様。
アメリカの公園で大人なララが俵屋と出会うシーンはコレより相当先の未来の話?。
*2)
天満はどちらかというと少女マンガ的な要素を持つ主人公だと考えてる。
少年漫画の女性キャラは何かしら強烈な個性を放ってることが多い中、
一般的なふつーの女子高生という部分を逆に個性にした。日塔奈美?(*5)
超能力らしきものの片鱗を見せてはいるが、この能力すらまるで無駄に使用してる。
*3)
女子だと冴子、梢、円辺りとはほとんど会話シーンなし。麻生、今鳥といった男子準主役級とも接点がほぼない。ある意味リアル。
*4)
これだとスクールにはならないんだけど…。
*5)
さよなら絶望先生の登場人物。口癖は"ふつーって言うなぁ"。アニメCV:新谷良子。
超強烈な個性を放つ生徒の中で、普通であることが逆に個性になってる。
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| いふ | コミック、書籍 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
成就! 高野の野望 〜DVD付き初回限定版 スクールランブル 21巻〜
苦節21巻
遂に高野晶(の中の人の清水香里)の野望が成就、
表紙を飾りました
最終22巻は、天満&烏丸(*1)のツーショットもしくは
スクランらしく全員参加といったシチュエーションが考えられるため
本巻が彼女にとってラストチャンスだったはずです。
沢近、周防、八雲といったレギュラー陣はいざしらず、
東郷(11巻)、水着相撲トリオ(12巻)らの後塵を拝しているという
想像を絶するプレッシャーをはねのけ、見事栄冠を勝ち取りました(*2)。
おめでとう!高野晶(と清水香里)
パチパチパチパチ。

………
……
さて。
本編の方は20巻の紹介でも述べたように、歩行祭クライマックス編です。
開始冒頭で想いを告げることなくフラれた漢 播磨は、
そのホレた女性のために自分の想いを捨てて、紙面狭しと立ち回り、
第1巻から続いた烏丸-播磨-天満の関係、
そして「漢の愛」というテーマに決着をつけます。
烏丸は抑え続けていた天満への想いを吐露し、
天満は播磨が今まで伝えられなかった自分への思いを察し、
播磨は一つの恋に決別を告げる。
そして最終章の最終幕を降ろすべくヒロイン天満は旅立ちました。

残る伏線は天満-烏丸、八雲-播磨-沢近の2つ!
連載読んで内容を把握してますが、9月の最終巻を楽しみにしてます。
(まとめて読んでこそ分かるものもある)

2編収録された♭(*3)も秀逸。
♭59は「花の慶次」ファンとしては爆笑ものでした。
♭60は変化球ですね。最初の3ページは意味分からなかった(笑)

次はもう一つの本巻の注目点、DVDの話。
高野の野望DVD スクールランブル 3学期 #25です。
いきなり第25話
びっくりです。
しかも冒頭で3学期の始まりから歩行祭(3/28)のラストシーン 天満と烏丸の競争前までを一気にまとめちゃいます。
(24話までは放送済み、という「設定」で作られているため)
ほぼ21巻中盤〜後半をトレースして播磨が天満を拉致ったところで次回へつづく、でした。
アニメのスクランも久々でしたが相変わらずのテイストで、シリアスとギャグのハイブリッドっぷりがよいです。

また、おまけ特典のスクラン3学期 #1〜#24までの予告(本でいうとオビみたいな紹介)も笑えます。スクラン3学期公式サイトの「放送情報?」のコーナーを
清水香里と川田紳司(*4)と小林尽(*5)が時々声マネしながら朗読してくれます。
本編と同じくらいの長さ(笑)。
ほんとに放送してくれてもかなりおもろい構成になってると思います。

最終回26話ですが、ドラマみたいに最終回時間延長ってことはないでしょう、多分。
3パート構成なので、
・播磨-天満の空港での別れ
・天満-烏丸の再会〜天満の決意
 (日本組(沢近-播磨-八雲)はダイジェスト)
・大団円
でしょうかね?



(*1)
実は彼も一度も表紙を飾ったことがない。高野がライバル視してたのも納得。
(*2)
天満の恋、播磨の恋に並ぶすごく長ーい伏線、と見ることもできる。
連載開始から考えてたかどうかは知らないけど、「スクラン2学期ウィークエンド(*6)」を放送してた頃には既に決定してたと思う。
(*3)
本編のBサイドという位置づけ。本編と同時刻の裏話や、準レギュラー達の日常に触れたり、本編とまったく関係の話をしたり…という自由空間。
(*4)
花井の声やってる人。男性の中の人はあまり存じ上げない。
(*5)
スクールランブル創造主。タンクトップ魔人。船員F役。
3学期についてはアニメ化の作業にも携わってる。
(*6)
アニメ スクラン2学期の放送に合わせて番組をフィーチャーするというコンセプトで放送されたラジオ番組。パーソナリティは清水香里(前作「スクラン☆お茶会」から引き続き)と福井裕佳梨。全26回。
フィーチャーするといいつつも毎回脱線しつづけ、作品の紹介は番組最後のお知らせコーナーのみということもしばしば。放送中盤からは原作者 小林尽がレギュラーとして定着するなど話題を博した。
で、放送中に清水が「高野を表紙に!」というスローガンを連呼し続け、小林が「載せねーよ!」と拒否し続けるスタイルが確立(?)した。
…注釈の注釈、久しぶり書いた。
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| いふ | コミック、書籍 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ