<< ナプキンホルダーとしてのレビューを見たことないな -IKEA ナプキンホルダー- | main | 修羅の門 第弐門 完結…まぁそれはどうでもよくて修羅の刻っていったいいつをテーマにするの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
切り裂け!黒刃 -オピネル No.7 黒錆化-
 タイトルは中2病ですが(BLEACHの一護が叫んでそうだ)、二次創作とかラノベネタではなくアウトドアネタ。

アウトドアで使うナイフとして仏 オピネルというナイフメーカーのフォールディングナイフを買いました。サイズはNo.7。


炭素鋼製とステンレス製があります。

炭素鋼は研ぎやすく切れ味もよいけど、錆が発生するので定期メンテが必要、

ステンレスは錆びない分、硬くて研ぎにくくちょっと切れ味で劣ります。


今回は炭素鋼を購入。

理由は

「黒化」

これに尽きます。

ブラックブレード、ブラックブレードですよ(大切なので2回言います)。

一般的には黒錆化、黒染といいますが、暗黒化とかいうと中2心をくすぐりますね。

本質は黒錆によるコーティングで赤錆を防ぐ(*2)ことにあります。

オピネル+炭素鋼=黒錆化というくらいメジャーなカスタマイズらしいです。


早速やってみます。前半は作業に夢中で写真撮り忘れてますw。

材料:

オピネル 1本

紅茶ティーバッグ 3つくらい

水 400cc

酢 100cc

亜麻仁油 適量(柄の補強用)


工具:

トンカチ、ラジオペンチ、精密ドライバーまたは釘、割り箸、針金、ペットボトル、耐水紙やすり(300、600、1000番くらい)、砥石


1)オピネル分解

オピネルはブレード、柄、ブレードリング、ロックリング、ピンの5部品から成ります。これをバラします。

 ブレードリングの外し方は色々ありますが、ブレードのロックをしたまま折りたたんだブレードをラジオペンチ等を使って無理矢理開こうとすると外れます(もっとスマートな方法もある)。

ブレードリングを外したら、ブレードと柄を留めているピンを精密ドライバーとトンカチを使って抜きます。ピンはアルミ製なので精密ドライバーの穂先が潰れることはないと思いますが、イヤな場合はポンチや釘を使って下さい。


2)ブレードの研磨

それほど高価なナイフではないため、ブレードにはグラインダーの跡が残ってます。均一な黒錆化の妨げになるので出来るだけ取り除きましょう。紙やすりまたは砥石で削ります。最後に1000番の耐水ペーパーで仕上げます。刃も研いでおいた方が仕上げがいいです(全面真っ黒になる)


3)ブレードの脱脂

ブレードに油分が付着していると、黒錆にムラが出るため脱脂します。シリコンスプレーとか使う例がありますが、熱湯かけてアルコールで拭けばOKでしょう。


薬液作成4) タンニン酸液作成
科学の実験っぽいですが、タンニンと酸性の液体があればよいです。紅茶と酢で代用します。濃いめにしたいのでティーバック3つ使用してガンガン煮出します。煮出した紅茶に酢を投入。比率は紅茶:酢=4:1くらい。タンニン酸ですが、午後ティーのレモンティーが効果高いの噂も。

5)ブレード黒化

ペットボトルを適当に切って漬け込み用容器を作ります。

吊るしテスト

割り箸と針金を使ってブレードを吊せるようにして準備完了。

バラシ

タンニン酸液にブレードを漬け込みます。漬け込み時間は諸説ありますが、今回は1時間位。

投入前

1時間経過すると、液体の色も変わってきてますね。

投入後

おまけ)

オピネルの柄は水を吸うと膨張し、ブレードを開閉しずらくなるとのことなのでヤスリで鞘の部分を削ります。水の侵入を防ぐため柄を亜麻仁油に漬け込みます。柄表面の塗装はそのままなのであまり浸透性はよくないかもしれませんが、それなら水の浸入もないだろうということで。漬け込み時間は1日。出した後、にじんできた油をぬぐいつつ乾燥させます。

6)オピネル組み立て

組み立ててから刃の研ぎ忘れに気づきました。というわけで刃の部分は地金が出ています。

完成品 表

完成品 裏

が、全体としてはいい感じ。一昔前なら主人公のライバルキャラが、最近だと逆に主人公が持ちそうな雰囲気ですw。

最後にブレードにオリーブオイルを薄ーく塗っておきます。

写真を少しはしょったのでもう1本あるオピネル No.9の暗黒化ではもう少し詳細を撮る予定です。


*1)フォールディングナイフ:折りたためるナイフ。柄が鞘の役割も果たすため持ち運び時にコンパクトになる。折りたためない一本成形のナイフをシースナイフという。折りたたみ機構がある分、シースナイフに比べてちょっと華奢。


*2)科学式でいうと

黒錆 Fe3O4(四酸化三鉄)。飽和状態となりもう錆が進まない。この黒錆の被膜で刃の表面を覆うことで赤錆による腐食を防ぐ。

赤錆は FeO(OH)水酸化鉄靴Fe2O3(三酸化二鉄)。密度が荒く、まだ酸素と結合する余地があるため酸化が進む(いわゆる腐食)。

*3)タンニン酸は分解され没食子酸になる。没食子酸は還元力が強いためFe2O3をFe3O4に還元する。

| いふ | よたばなし、駄文、つぶやき | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:32 | - | - | -









http://ifritah.jugem.cc/trackback/302
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ