<< Raspberry Pi2 を覆う 〜Pibow Coupe Ninja〜 | main | 枝垂ほたるを描いてみた -其之壱- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
VMWare Fusion バーチャルマシン環境が壊れた場合の対処
突然ですがMacネタ。
VMWare FusionのWindowsの仮想環境が動かなくなった場合の備忘録。

WindowsのバーチャルマシンがBoot状態で固まる現象が発生しました。
原因はバーチャルマシンの起動時または終了時とかの変なタイミングで、ホストのMac OSが終了してしまい、データが正しく保存できなかったためと思われます。
スナップショットをとってなかったので困ったなぁ…と、毎夜ちまちまと調べてなんとか原因が判明。

バーチャルマシンの中にvmssファイルというのがあってここにレジューム情報が記載されています。ここに変なタイミングからレジュームするように記載されちゃったのが原因でした。

回復方法ですが、
vmssファイルを削除すると、レジューム情報がクリアされるので最初から起動するようになります。
起動途中で固まったりする場合はこの対処でよさそう。

1.問題のある仮想OSのvmxファイルが置いてあるフォルダを開く。

2.vmssファイルを適当なフォルダに移動する(ドラッグ&ドロップでデスクトップあたりに置くのがいいんじゃないかな)

3.おもむろにvmxファイルをダブルクリック。

こんなこともあるのでたまにはスナップショットをとっておこうと思った次第…。

| いふ | My Digital Life | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:16 | - | - | -









http://ifritah.jugem.cc/trackback/288
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ