<< 中学校の図書館にぜひ1セット 〜暗殺教室〜 | main | VMWare Fusion バーチャルマシン環境が壊れた場合の対処 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
Raspberry Pi2 を覆う 〜Pibow Coupe Ninja〜
Raspberry Pi2を買いました。
Windows10が無償提供されるという話を受けてのことですが、よくよく考えたらまだWindows10リリースされてません…。
まぁ10年ぶりくらいにLinuxマシンを作ってみようかということでOS"だけ"は入れました。

さてRaspberry Pi 2、基盤むきだしのままもなんだしなぁということで、ケースを物色してみたらよさげなのを見つけて購入。
Pibow Coupeというケースです。
包装はこんな感じ。紙袋をつつんでシール貼っただけという超簡易包装。

中身はカットされたアクリル板が5枚。これがケースに?

アクリル板はナンバリングされてるので順番にRaspberry Pi2に重ねていきます。コネクタの部分は形状に合わせて切り抜かれてます。精度もまぁまぁ。
1〜3枚目は特に問題ないです。
4枚目(左から)はかなり細い箇所があるので取り扱いに注意、
5枚目(左から)は一番上になりますがちょっと精度が低くてコネクタと多少干渉したりします。とはいえ無理ゲーではないです。

5枚重ねるとこんな感じ。
クールです。
 
付属のプラネジで固定すれば完成です。作業時間は約10分。

シースルーなので基盤もよく見えます。切り抜きのおかげですべての端子にアクセス可能。Raspberry Pi2のコンパクトさを維持しつつも基盤はちゃんと保護。
クールです。
問題は一つ。
Raspberry Pi2自身の使い道がなぁ…。
| いふ | My Digital Life | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:02 | - | - | -









http://ifritah.jugem.cc/trackback/287
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ