<< 大混雑、千歳川 | main | シュールストレミングを喰らふ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
本当にさようなら絶望放送
さまざまなムーブメントを打ち出したアニラジ界の怪物番組「さよなら絶望放送」が、絶望先生アニメ放送第四期を迎えることもなく、本日更新の第203回をもって遂に打ち切りになりました。
3年前の第48回で一度だまされましたが(*1)、今回は本当に終了。
3ヶ月ほど前からミニ番組が徐々に最終回を迎えてた&Blu-ray発売も終了、ということで番組の役目も終わるんだろうなーとうすうす思ってはいましたが、実際に最終回を迎えると感慨深げなものがあります。
ミニ番組は前回までですべて終了したため、今回はふつおたオンリーでした。懐かしいリスナーからのいつもと違ってあまり絶望的でない近況報告だったり、4年間の放送をぼんやり振り返ってちょっと感傷的になってみたり、とほのぼのしんみりとした最期だったと思います(久米田先生のコメントに対するの神谷さんの崩壊っぷりは除く)。
神谷さんの最後のトークは絶望放送らしからぬしっとりとした仕上がり。
…ただ最後の最後はいつもの放送らしいぐだぐだ感満載で安心しました。もう終わりだけどw。

さて総括。
第3回放送から足かけ4年、よー聞きましたし笑わせてもらいました。
絶望先生のキャラである望、奈美以外にもさのすけ、ぴろし、なーみん、良子、不良子、普通の子etcと多くのキャラクターを演じ、声優というものの能力の奥深さをまざまざと見せつけて下さった神谷浩史、新谷良子(*2)お2人、ありがとうございました。番組の盛り上がりの一方で、お2人はいろいろなものを失っていったのかもしれませんが。特に新谷さん。
また構成作家という職業というものを意識するようになった最初の番組だったと思います。毎週1万通近くのメールを見続けたマヨネーズ田原さん、マーガリン佐藤さん、お疲れ様でした。
伊藤ケンタウロスさん、小森霧造さん、なたでぴーにゃさん、軍手のいぼさん、と個性豊かな名だたるメール職人の投稿にバカ笑いしたこともしきり。
「番組に関わった多くの方々、ありがとう。さようなら」という言葉をもって番組を葬送りたいと思います。
しばらくは水曜更新がない寂しさを感じつつ、残りのDJCD(*4)を待つこととします。


*1 当時火曜日更新だった絶望放送が、諸事情(更新時のF5連打によるサーバーダウン等)により水曜日更新に移動した。一般的なアニラジは20〜30回程度だったので、当時は本当に終了するのかと思っててだまされて絶望した。詳細はこっち。200回越えのアニラジってかなり珍しい。まぁ今回で終わっちゃったけど。

*2 ピンク声優でブラック声優でバンビポップシンガーで”Legend 雨 Woman”。日塔奈美(*3)のキャラの立ち位置を変えるほどの影響力を持つ女性。この番組で大ファンになったといっても過言ではない。今回の収録は泣く気満々ですっぴんで来たそうな。

*3 さよなら絶望先生に登場する女性キャラ。電波系、猟奇系など先鋭化された性格付けのキャラが多数登場する本作の中で「普通」という位置づけ。口癖は「普通っていうなー」。最近はウザキャラの地位を確立。雨女属性がくっついたのは新谷良子の影響による…、ということを最後の最後で原作者久米田先生から公表された。

*4 DJCD第10巻と携帯版DJCD2枚の発売が控えてる。っていうか最終回収録後にDJCDを録るらしい。

*5 ちなみに投稿回数は4回で採用数0。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| いふ | 中の人たち | 19:53 | comments(0) | trackbacks(1) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:53 | - | - | -









http://ifritah.jugem.cc/trackback/248
無題
はじめまして(´鐔粥?!!
| ブログ | 2011/09/12 8:26 PM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ