<< Freedom みなみけ 〜みなみけのみなきけ〜 | main | 唸れ斬魂刀 -BLEACH論 拾参:そして役者は出動し(BLEACH -102) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
治部(じぶ)の野望 〜のぼうの城〜
評価:
和田 竜
小学館
¥ 1,575
(2007-11-28)
JUGEMテーマ:読書

戦国時代後期、秀吉による小田原征伐における局地戦のひとつ
忍(おし)城攻囲戦(*1)を取り扱った小説です。

領民から"のぼう様"と呼ばれる成田長親(ながちか)という武将を主人公にしてますが、
この人大して有名な人ではないです。
戦国時代を取り扱ったゲームとして有名な「信長の野望」にすら登場していません。
成田家当主 成田氏長(*2)、長親の父 泰季(*3)あたりがなんとか北条家臣として登場してる程度。長親本人は相手にされていません。
作中でも輝かしい武辺もなければ、かといって切れ者の智者でもなく、
農作業を手伝いに行っては、領民から「何もしなくていい」といわれる役立たずとして"まずは"紹介されています。

そんな彼の住まう忍城にも、北条征伐の一環として秀吉の軍勢が迫ります。
成田家は北条に従属していたとはいうものの、既に秀吉に誼を通じて内応を確約していました。何事もなければ形だけの攻囲の後、降伏という路線だったにも関わらず
ある事件がきっかけで城代だった長親は篭城することを決します。
女子供も含めてその数3740人。

攻めるは秀吉の子飼い、石田治部少輔こと三成(*4)、そして大谷刑部(吉継)率いる23,000の軍勢。圧倒的な軍力で攻め上る総大将 三成には長年秘め続けていたある野望があった…。

23,000 VS 4,000弱(女子供含む)
能力90オーバー(*5)の智将、勇将コンビ VS 田舎侍。
のぼうは如何にしてこの圧倒的劣勢をひっくり返すのか?
といったところが導入部。

読感ですが、忍城攻囲戦をここまで魅力的に描けるのかという驚きが第一。
長親をはじめ筆頭家臣 正木丹波、柴崎和泉守、酒巻勒負、甲斐姫といったマイナー武将が石田、大谷といったメジャーどころを向こうに回しての立ち回りはテンポもよく爽快。
各々の個性も際立っていて、戦国マニアでなければ逆に「正木や酒巻ってすげーじゃん、今度信長の野望で成田家でプレイしてみよう」と思っても不思議でないです(ただし成田家プレイは不可能です、今のところ)。
とはいえ真骨頂はやはり「のぼう」です。
冒頭で「あんな」描かれ方をしたのぼうですが、彼の茫洋さは時として底知れぬ深遠さを垣間見せ、あるいは領民の心を尊敬や畏怖とは違った形でがっちりと掴むなど、要所要所で不思議な輝きを放ちます。読了後も彼の真意はわからずじまい…。

歴史に詳しくなくても、適度なタイミングで解説やエピソードが導入され、しかもそれがくどくない。
歴史小説導入としてもオススメ致します。

(*1)
1590年。秀吉の命を受けた石田三成が成田家居城である忍城を攻めた戦。三成は石田堤という堤防を築き、忍城を水攻めにするが、結局堤防は決壊し攻囲に失敗する。歴史的に見れば単なる1局地戦に過ぎないのだが、忍城は小田原征伐において唯一陥落しなかった城(小田原落城後に開城)として戦国史に名を残す。
もう一つ、三成はこの敗北により、"戦下手"と評価され、10年後の関ヶ原における敗退の遠因になったともされる(総大将の戦の器量が悪けりゃ味方するのも気が引ける、という話)。ただし関ヶ原で三成側についた武将には、この忍城攻囲戦に参加した大谷吉継、佐竹義宣、真田昌幸といった面々がいるので、一概に忍城での敗北が三成の戦術能力欠如を示すものではない…と思う。

(*2)
統率 69 武勇 60 知略 67 政治 63 (by 信長の野望 革新)
意外に能力高め。多分忍城攻囲戦の評価だと思うけど、彼自身は小田原城に参陣していたため篭城には参加していない。

(*3)
統率 23 武勇 26 知略 40 政治 52 (by 信長の野望 革新)
作中では当主 氏長より能力高めな気がする。なお作中の長親は多分これ以下。
でも謎のパラメータが90くらいを叩き出していそう。野望は多分0。

(*4)
個人的には、三成の性格づけがよかったと思ってる。
プライドが高く、自分にも他人にも厳しい、冷徹な男といったところが一般的な三成像だが、ここに野望(ある意味子供じみた)というエッセンスを加えることでまた一味違う三成を示している。でもちゃんと三成は三成として認識できている。これがすごい。

(*5)
石田三成 統率 52 武勇 20 知略 85 政治 99(第7位) (by 信長の野望 革新)
大谷吉継 統率 90 武勇 78 知略 91 政治 89 (by 信長の野望 革新)
佐竹義宣 統率 86 武勇 84 知略 66 政治 80 (by 信長の野望 革新)
真田昌幸 統率 97(第8位) 武勇 76 知略 98 政治 91 (by 信長の野望 革新)
こういった面々が率いてて、兵力差が10:1。城攻めには3倍の兵力が必要とはいえ普通にやったら負ける要素が見当たらない。小説はゲームより奇なり(笑)。
| いふ | 歴史あれこれ | 00:47 | comments(0) | trackbacks(2) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:47 | - | - | -









http://ifritah.jugem.cc/trackback/199
和田竜: のぼうの城
【覚書】★★★★★★★★★☆ 脚本「忍ぶの城」を小説化したのが「のぼうの城」である。舞台は秀吉の北条氏討伐で唯一落ちなかった忍城(おしじょう)の攻城戦。 この忍城の攻防戦自体がかなり面白い。十倍を超...
| 時代小説県歴史小説村 | 2008/06/07 8:43 PM |
のぼうの城 和田竜
装幀は山田満明。装画はオノ・ナツメ。城戸賞受賞脚本の小説化。 天下統一を目指す秀吉配下、石田三成は武州・忍城へ。忍領全員が「(でく...
| 粋な提案 | 2008/06/19 3:24 AM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ