スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
ナプキンホルダーとしてのレビューを見たことないな -IKEA ナプキンホルダー-
評価:
IKEA
¥ 679
コメント:ナプキンホルダーではなくMac Miniスタンドとして使用。というかそれ用に作ったんじゃないの?これ。

 透明プラ製のナプキンホルダーです。Amazonで購入したので送料かかってますが、IKEAで買えば3〜400円くらいなんじゃないかな。
すっきりしたデザインなので洋食屋やカフェに合いそう。

…でもこのナプキンホルダー、真価はナプキン以外のものを挟むことで発揮されます。
そうそれはMac Mini。
多くのブログで紹介されてますが、格安かつスタイリッシュなMac Miniホルダーとして高評価を得ています。私のMac Mini、横置きだとスペースがちょっと無駄だな、と思って"スタンド自作"で検索したら見つかるわ、見つかるわ。というか本来のナプキンホルダーとしてのレビューはほぼ皆無です。

挟むだけだとMac miniに傷がつくとのことなのでほんのちょっと手を加えます。

レシピ;
材料は
スタンド
Mac mini 1台
IKEA ナプキンホルダー 1台
そして
ウレタンクッション
ウレタンクッション 1個
です。

1.ナプキンホルダーとMac miniの接点にウレタンクッションを貼ります。ちょっと位置合わせが難しいのでMac mini挟みながらトライアンドエラーを数回繰り返します。
ウレタンを貼る
2.側面だけであく底面にもそれぞれ2個ずつウレタンクッションを貼ります。挟むとこんな感じでウレタンのみがMac miniに接します。

3.完成〜

いい感じですね。リンゴのマークを正しい向きにすると、ケーブルコネクタ部分が上を向くので使いやすいけど見た目が……です。私は見た目優先でコネクタ部分は横にしています。
なので当然リンゴも横向き。
| いふ | My Digital Life | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
VMWare Fusion バーチャルマシン環境が壊れた場合の対処
突然ですがMacネタ。
VMWare FusionのWindowsの仮想環境が動かなくなった場合の備忘録。

WindowsのバーチャルマシンがBoot状態で固まる現象が発生しました。
原因はバーチャルマシンの起動時または終了時とかの変なタイミングで、ホストのMac OSが終了してしまい、データが正しく保存できなかったためと思われます。
スナップショットをとってなかったので困ったなぁ…と、毎夜ちまちまと調べてなんとか原因が判明。

バーチャルマシンの中にvmssファイルというのがあってここにレジューム情報が記載されています。ここに変なタイミングからレジュームするように記載されちゃったのが原因でした。

回復方法ですが、
vmssファイルを削除すると、レジューム情報がクリアされるので最初から起動するようになります。
起動途中で固まったりする場合はこの対処でよさそう。

1.問題のある仮想OSのvmxファイルが置いてあるフォルダを開く。

2.vmssファイルを適当なフォルダに移動する(ドラッグ&ドロップでデスクトップあたりに置くのがいいんじゃないかな)

3.おもむろにvmxファイルをダブルクリック。

こんなこともあるのでたまにはスナップショットをとっておこうと思った次第…。

| いふ | My Digital Life | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Raspberry Pi2 を覆う 〜Pibow Coupe Ninja〜
Raspberry Pi2を買いました。
Windows10が無償提供されるという話を受けてのことですが、よくよく考えたらまだWindows10リリースされてません…。
まぁ10年ぶりくらいにLinuxマシンを作ってみようかということでOS"だけ"は入れました。

さてRaspberry Pi 2、基盤むきだしのままもなんだしなぁということで、ケースを物色してみたらよさげなのを見つけて購入。
Pibow Coupeというケースです。
包装はこんな感じ。紙袋をつつんでシール貼っただけという超簡易包装。

中身はカットされたアクリル板が5枚。これがケースに?

アクリル板はナンバリングされてるので順番にRaspberry Pi2に重ねていきます。コネクタの部分は形状に合わせて切り抜かれてます。精度もまぁまぁ。
1〜3枚目は特に問題ないです。
4枚目(左から)はかなり細い箇所があるので取り扱いに注意、
5枚目(左から)は一番上になりますがちょっと精度が低くてコネクタと多少干渉したりします。とはいえ無理ゲーではないです。

5枚重ねるとこんな感じ。
クールです。
 
付属のプラネジで固定すれば完成です。作業時間は約10分。

シースルーなので基盤もよく見えます。切り抜きのおかげですべての端子にアクセス可能。Raspberry Pi2のコンパクトさを維持しつつも基盤はちゃんと保護。
クールです。
問題は一つ。
Raspberry Pi2自身の使い道がなぁ…。
| いふ | My Digital Life | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
BookBook第12巻 -BookBook for iPhone4-
かの有名な禁書目録さん(*1)が記憶している103,000冊の魔導書(*2)を
網羅した禁断の書籍 「BookBook」の第12巻の紹介です。
カバー縦置き


嘘です。
書籍カバーを偽装したiPhone4/4S用ケース、「BookBook for iPhone4」の紹介。
Twelve Southの出してる革製のケースで、上のサムネイル画像クリックして見てもらうとよく分かりますが、背表紙は「BookBook」という本の第12巻という設定のようです。
1〜11巻は多分ないんだろうなぁ。

裏面本のように開くタイプのケースです。
で、片面にiPhoneをもう片面にはカードや紙幣を入れることが出来ます(もうSuica入ってますね)。
BookBook for iPhone4と書いてありますが、iPhone4Sもばっちり入ります。スピーカー、Dockケーブルのスロットもちゃんと空いてるので、ケースつけたまま充電も可。
カードはあまり大量に入れると収まりが悪いのでよく使うカード1、2枚と漱石さんを入れとく位がちょうどよさそうです。

表面カバー側ですが、最初から少し使い古した感が出ています。あとは自分が使ってエイジングしてけってことですね。質感は非常によいです。
携帯でメールとか見てるときなんか、端から見れば本読んでるようにしか見えないですね。電子書籍を読むにはうってつけのカバーです。
ただ見ての通り、カバー側にはレンズの穴がありません。つまり写真を撮るたびにケースからiPhoneを引っ張り出す必要があります。iPhoneをカメラとして多く利用する場合にはちょっと使いづらいかも。

入手1日目なので使用した感想はこれからってとこですが、所有欲はかなり満たしてくれる一品でした。
待った甲斐あった(*3)。

*1) 「インデックス」と読む。小説「とある魔術の禁書目録」のメインヒロインの一人。修道服に身を包み、記憶している魔導書の豊富な知識を持って主人公を助け、導き、共に戦う。小柄だが超大食い。
*2) *1の彼女が記憶している魔導書の冊数。普通の人間は1頁、1章読んだだけで発狂するシロモノとのこと。
*3) Amazonで購入したのですが、在庫がなかったらしく約1ヶ月待ちでした。
しかも値段が結構変動しています。
(バルク版も出ている模様)
| いふ | My Digital Life | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
EACの設定
EAC(Extract Audio Copy)の設定の備忘録です。
Lameを使ってMP3に変換するんですが、その際の
Lame使った場合のコマンドオプションが以下。
 -V0 --vbr-new --add-id3v2 --pad-id3v2 --ignore-tag-errors --ta "%a" --tt "%t" --tl "%g" --ty "%y" --tn "%n" --tg "%m" %s %d

OSの入れ直しするたびに設定忘れて苦労するのでBlogにあげてみました。
こういう使い方もありですな。
| いふ | My Digital Life | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポーツのお供に ー軽量腕時計 RUPUー
JUGEMテーマ:アート・デザイン
シリコンベルトの軽量腕時計 RUPU の紹介。
機械式腕時計が好きな筆者ですが、スポーツとか釣りといった機械式にはちょっと不向きなシチュエーション(衝撃や水など)では装着をためらったりしてます。ダイバーズウォッチなので、耐水性はあるのですけど。
とはいえ時間は知りたい欲求やら必要性はあるわけです。どちらも基本的に屋外ですしね。

で、なーんかないかなと思ってたところ紹介されたのがRUPUっていう腕時計。
  
シリコンベルト&軽量&カラバリ豊富&低価格な点がオススメです。
径は16cmと18cmの2種類があります。ユニセックスとなってますが、18cmは女性には大きすぎるかなと思います。
筆者は白x2、オレンジ、ピンク、黒の5本を一挙購入。
同時に2本、3本つけてもファッション的に面白いですね。
意外とピンクが評判いいです。

ちなみに同じような時計をルビコンってとこも出してます。
| いふ | My Digital Life | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Mac OS Xの御業 1 システム復旧後のPainterインストール
 1/7に公開されたMac OSX10.6.6をインストール後、OSの挙動が遅くなりました。
この時点では原因がよー分からなかったので(後で原因判明。これについても後日書きます)、
久々だしOSを入れ直してみるかとMac OSのインストールをしてみました。

Mac OSにはTimeMachineというバックアップ機能があって、
バックアップを取ってさえおけば、OS再インストール後、数ステップで元の環境に復旧してくれます。
で、これを使って復旧してみたのですが…。

Painter Xが起動しない…
「ファイルが破損している」とかいうメッセージが出てPainter 起動しやがらない。
販売元のCorelのサイトを探すとアンインストールしてからもういっぺん入れて、との記述が。
簡単な手順は以下。
1. MacOSXアプリケーションフォルダの中の「Corel Painter IX」フォルダをごみ箱に入れて消す。
2. ユーザ : ライブラリ : Application Support : Corel フォルダにある 「Painter X」 フォルダを Dock の [ゴミ箱] アイコンにドラッグして削除します。
3. ユーザ : ライブラリ : Preferences フォルダにある com.corel.PainterX.plist を Dock の [ゴミ箱] アイコンにドラッグして削除します。

試してみましたが、やっぱり起動しない。
公式サイトには情報がないので、ネットの海を彷徨うことしばし。
Painter X自体3,4年前のアプリ(最新版は11)なので情報も少なくなってましたが、
何とか見つけたのがこれ。

「./Library/Preferences/」の中の「xxxxxxxxxx_ID」(xは16進数)という名前のファイル(IDで検索かければよい)と
「nTitles Product Licenses」という名前のファイルを消す。
(不可視ファイルなので、検索条件の可視属性に「不可視の項目」を入れて検索しないと見つけられない)

この状態でもう一度インストールしたところ、無事Painter起動
よかったよかった。
| いふ | My Digital Life | 22:49 | comments(2) | trackbacks(0) | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ