スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
9/1000秒差の斬撃 〜でも一押しはThe Moment of Dreams〜
JUGEMテーマ:スポーツ

NHK ミラクルボディー第4回は、「反応の限界を超えろ」と題して
スポーツ選手の反応速度のメカニズムに迫っています。
ヤクルト青木の動体視力と球筋の予測、ボクサー選手の経験測による超反応、
そして剣道の刹那の間に行われる手の内の読み合い。
彼らは無意識のうちに相手のわずかの動きから瞬時に
その動きに対する対応策を検索、最善手を選択し、筋肉に対して動作を
命令します。そこから繰り出される面の速度は動作開始からわずか0.09秒。
全日本剣道選手権決勝での面の打ち合いは、
斬撃の差 なんと9/1000秒。
ハイスピードカメラでも1コマか2コマの差です。
恐ろしく高次元なレベルでの戦いに思わず唸り声をあげてました。
両剣士とも剣豪というべきオーラを感じさせる一方、
試合のVTRを見た際には棋士の感想戦を思わせる理詰めの検討を述べる…。
しびれます。

でも一番すごい能力を示していたのは、
ハイスピードカメラでも追いきれない速度の斬撃をジャッジした
審判の方々
なんじゃないんでしょうか。
次回は彼ら審判についても科学的な解析を依頼したい。
(あ、でも今日で最終回だっけ)

まー何はともあれ、今回も一番感動したのは、
〜The Moment of Dreams〜(*1)
なんですけどね。やっぱり聞いてると泣きそう。

(*1)
番組エンディングテーマ。
関山藍果さんが歌う。作曲は澤野弘之氏。
澄んだ声の響き、幻想的なメロディーライン。
2008年最大のヒット曲(暫定だけど多分当確)。
今日もエンディングの部分だけ繰り返し聞きなおしてる。
ナレーション抜きのフルバージョンを耳にしたいので、
早くCD出して下さい、というか早く出せ(脅迫)。
| いふ | すぽぉつあれこれ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ロッテ連勝
いい感じです。
毎試合2桁得点という快挙までおまけ付き。
MVPは今江になるでしょうね、このまま行くと。
阪神打線を3試合で2点に抑えた投手陣も
立派ですが、逆に全投手の出来がよすぎて
目立てない感がありますな。
経済効果的には、7戦まで行って欲しいそうだけど
ロッテファンとしてはそんなこと関係ないない。
結局パリーグ制覇のときは、板チョコ無料配布&
ロッテリア半額セールくらいだったけど(*1)、
日本一の暁にはもうちょっと何かやって欲しい。
よろしく、ロッテ関係者

*1)優勝セールもやってたけどね、当然。
北海道はおいしくなかったので…。
| いふ | すぽぉつあれこれ | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ロッテ優勝!
遂にやってくれました。31年ぶりのパリーグ制覇!
私の積年の野望が遂に"明日"明らかになります!!

ま、その話は少し後に語るとして、今回のプレーオフそのものの雑感。
1)ロッテファンの悪夢
…としか言いようがない第3戦9回裏2アウトからの攻防…。
抑えのエース守護神小林(雅)がまさか崩れ散るとは。
しかも割とあっけなく…。
友人宅で鍋つつきながら唖然としてました。
仮にソフトバンクが優勝した暁には、運命の分岐点はこの9回裏!
と語り継がれるであろう、とロッテファンの私も少し覚悟しました。
マジで。
2)ロッテファンの狂喜
で、昨晩も落として最終決戦となった本日。
8回表からゲームセットまでの約30分、1球1球にこれほどまで
熱中したのはほんと久しぶり。特に8回表の攻撃はしびれました。
もう泣きそう。
この熱気が毎試合でなくてもいい、月に1試合でもあれば
プロ野球もまだまだ再生できる!と
宙に舞う名将ボビーを実ながら感じました。

さて感動はここまでにして20数年来の疑問について。
それは「ロッテが優勝したら何のセールが始まるか?」
皆様ご存知の通り、球団が優勝すると親企業や関係企業による
優勝セールが実施されます。ダイエーしかり西武しかり三越しかり。
ロッテマリーンズの親企業は当然"お口の恋人"ロッテです。
そしてロッテの主力製品は当然お菓子
となれば優勝セールはガム、チョコ、アイスの超割引セールしかないでしょう!!奥さん!!(断言)
私自身が判官贔屓というか弱いチームを応援したくなる気質
(野球に関して生涯の夢は
横浜VSロッテの日本シリーズを球場で見ること)もありますが、
子供時代に私がかろうじてマサカリ投法の村田と三冠王落合
しか分からない弱小球団だったロッテのファンになったのは
ひとえにこの夢の優勝セールの存在確認の為に他なりません。
あの憧憬の日々は既にはるか遠く過ぎ去りましたが
あの時の野望はまだ心の中に七輪の炭火のように細々と燃え続けていました。
それが。
ついに明らかになります!!
さあ明日の新聞折込の広告はいかに!
頑張ってロッテ特売チラシをがしがし折り込んでくれ!新聞屋さん!!
頑張って割引シールをびしばし貼りまくってくれ!駄菓子屋のおばちゃん!!


とりあえずこれからささやかな祝杯あげます。
おめでとうボビー。おめでとうロッテ。おめでとう千葉県民。
| いふ | すぽぉつあれこれ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
北朝鮮戦を前に
今日は短めに。
サッカーFIFAワールドカップ最終予選 北朝鮮VS日本
今回の一戦はサッカー自体だけでなく、
拉致問題を含む二国間の外交情勢、在日の方々の想い、
マスコミの思惑、スポーツらしからぬ政治臭、
といろんなものをはらみつつ、
明日19:00埼玉スタジアムにてキックオフを迎えます。
現在の2国が置かれている状況を考えれば
サッカーのみを切り離すことは不可能なのかもしれません。

それでもサッカーをサッカーとして純粋に楽しみきれない所に
一抹の悲哀を感じてます…。
試合が始まってしまえばそんなことも吹き飛ぶのかも知れませんが。
それほどの盛り上がった密度のある試合を期待します。

…そんなことを考えてる私ですが
明日の19:00はおそらく会社で残業でしょう(泣)。
せめて後半戦はオンエアで観戦したいものです…。
| いふ | すぽぉつあれこれ | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
優勝旗、津軽海峡を渡る
2004/8/22 15:55 駒沢苫小牧、甲子園初優勝。

北海道勢にとって甲子園、センバツ通じて
初優勝という快挙です。
深紅の優勝旗が津軽海峡を越え、明日にも北海道の
大地へ訪れることになります。

チーム平均打率4割4分強という甲子園最高打率を
マークした鬼の打線は、センバツ優勝校済美の猛追を
振り切り13-10というこれまた甲子園決勝最多得点試合を
精したわけです。まぁなんにしろ気の抜けない戦いでした。
試合の解説者が、
ノーガードの叩き合いではなく、しっかり固められた
ガードすら突き破る鋭い攻撃の応酬、と評してましたが
納得ですな。いい試合でした。

おめでとう駒苫。
| いふ | すぽぉつあれこれ | 17:12 | comments(0) | trackbacks(1) | -
足技の魔術師(五輪 柔道の部完結記念)
柔道の鈴木です。
金メダル獲りました。
小外刈り一閃です。

これからは内股、背負いといった
豪快な投げ技から一転していつかけたのか
わかんないくらい素早い足技に注目が
集まるのかねぇ。
軽量級ならいざしらず、
重量級であの斬れ味の足技を持つ選手は
滅多にいないね。
それと同じようにあれほどの斬れ味の内股を
持つ選手は井上康生しかいないと思う。

そう考えると、こないだの全日本選手権の
井上VS鈴木って銀河系最強柔道家決定戦
だったんだ…。
両者が日本人だったおかげで、我々人類は
ここしばらくこの好カードを楽しめることを
神か何かに感謝すべきだと思う。
ご苦労様、日本柔道軍団。

野村先生、お疲れ様。あなたは真の柔道家です。
井上、復活を心より期待してます。引退しちゃだめよ。

でも今日一番の驚きは、
中国の孫(世界の女王)が準決勝で負けたことだったりする。
| いふ | すぽぉつあれこれ | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
井上破れる
ショック…。

まだTVで試合内容は観てません。
速報のみでどう負けたのかも知らないです。
TV放送も予定外の出来事だったのか慌てて
オリンピック前半戦の特集組んでます。


昔、柔道やってた者として最強と思ってる
彼が負けたのはとにかくショックです。
間接的に彼の強さを知ってます。
高校時代、長野県で柔道やってたんですが、
その頃鬼のように強かった選手がいました。
その選手に私は瞬殺されたんですが、
長野県で向かうところ敵なしだった彼も
全国大会で井上に瞬殺されました。
鬼すら倒す井上は、山下、斉藤といった
ブラウン管に写った猛者ではなく、
間接的にとはいえ強さを実体験できた存在だったわけです。
その彼も負けるときは負けるのです。
好事魔が多しとでもいうのでしょうか…。

今日はドキドキ感などなく、井上康生という
柔道家が金メダルを奪る過程を飯食いながら
眺めようと思ってたんですが…。


試合の検討はこれからです。
| いふ | すぽぉつあれこれ | 22:03 | comments(0) | trackbacks(2) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ