スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
切り裂け!黒刃 -オピネル No.7 黒錆化-
 タイトルは中2病ですが(BLEACHの一護が叫んでそうだ)、二次創作とかラノベネタではなくアウトドアネタ。

アウトドアで使うナイフとして仏 オピネルというナイフメーカーのフォールディングナイフを買いました。サイズはNo.7。


炭素鋼製とステンレス製があります。

炭素鋼は研ぎやすく切れ味もよいけど、錆が発生するので定期メンテが必要、

ステンレスは錆びない分、硬くて研ぎにくくちょっと切れ味で劣ります。


今回は炭素鋼を購入。

理由は

「黒化」

これに尽きます。

ブラックブレード、ブラックブレードですよ(大切なので2回言います)。

一般的には黒錆化、黒染といいますが、暗黒化とかいうと中2心をくすぐりますね。

本質は黒錆によるコーティングで赤錆を防ぐ(*2)ことにあります。

オピネル+炭素鋼=黒錆化というくらいメジャーなカスタマイズらしいです。


早速やってみます。前半は作業に夢中で写真撮り忘れてますw。

材料:

オピネル 1本

紅茶ティーバッグ 3つくらい

水 400cc

酢 100cc

亜麻仁油 適量(柄の補強用)


工具:

トンカチ、ラジオペンチ、精密ドライバーまたは釘、割り箸、針金、ペットボトル、耐水紙やすり(300、600、1000番くらい)、砥石


1)オピネル分解

オピネルはブレード、柄、ブレードリング、ロックリング、ピンの5部品から成ります。これをバラします。

 ブレードリングの外し方は色々ありますが、ブレードのロックをしたまま折りたたんだブレードをラジオペンチ等を使って無理矢理開こうとすると外れます(もっとスマートな方法もある)。

ブレードリングを外したら、ブレードと柄を留めているピンを精密ドライバーとトンカチを使って抜きます。ピンはアルミ製なので精密ドライバーの穂先が潰れることはないと思いますが、イヤな場合はポンチや釘を使って下さい。


2)ブレードの研磨

それほど高価なナイフではないため、ブレードにはグラインダーの跡が残ってます。均一な黒錆化の妨げになるので出来るだけ取り除きましょう。紙やすりまたは砥石で削ります。最後に1000番の耐水ペーパーで仕上げます。刃も研いでおいた方が仕上げがいいです(全面真っ黒になる)


3)ブレードの脱脂

ブレードに油分が付着していると、黒錆にムラが出るため脱脂します。シリコンスプレーとか使う例がありますが、熱湯かけてアルコールで拭けばOKでしょう。


薬液作成4) タンニン酸液作成
科学の実験っぽいですが、タンニンと酸性の液体があればよいです。紅茶と酢で代用します。濃いめにしたいのでティーバック3つ使用してガンガン煮出します。煮出した紅茶に酢を投入。比率は紅茶:酢=4:1くらい。タンニン酸ですが、午後ティーのレモンティーが効果高いの噂も。

5)ブレード黒化

ペットボトルを適当に切って漬け込み用容器を作ります。

吊るしテスト

割り箸と針金を使ってブレードを吊せるようにして準備完了。

バラシ

タンニン酸液にブレードを漬け込みます。漬け込み時間は諸説ありますが、今回は1時間位。

投入前

1時間経過すると、液体の色も変わってきてますね。

投入後

おまけ)

オピネルの柄は水を吸うと膨張し、ブレードを開閉しずらくなるとのことなのでヤスリで鞘の部分を削ります。水の侵入を防ぐため柄を亜麻仁油に漬け込みます。柄表面の塗装はそのままなのであまり浸透性はよくないかもしれませんが、それなら水の浸入もないだろうということで。漬け込み時間は1日。出した後、にじんできた油をぬぐいつつ乾燥させます。

6)オピネル組み立て

組み立ててから刃の研ぎ忘れに気づきました。というわけで刃の部分は地金が出ています。

完成品 表

完成品 裏

が、全体としてはいい感じ。一昔前なら主人公のライバルキャラが、最近だと逆に主人公が持ちそうな雰囲気ですw。

最後にブレードにオリーブオイルを薄ーく塗っておきます。

写真を少しはしょったのでもう1本あるオピネル No.9の暗黒化ではもう少し詳細を撮る予定です。


*1)フォールディングナイフ:折りたためるナイフ。柄が鞘の役割も果たすため持ち運び時にコンパクトになる。折りたためない一本成形のナイフをシースナイフという。折りたたみ機構がある分、シースナイフに比べてちょっと華奢。


*2)科学式でいうと

黒錆 Fe3O4(四酸化三鉄)。飽和状態となりもう錆が進まない。この黒錆の被膜で刃の表面を覆うことで赤錆による腐食を防ぐ。

赤錆は FeO(OH)水酸化鉄靴Fe2O3(三酸化二鉄)。密度が荒く、まだ酸素と結合する余地があるため酸化が進む(いわゆる腐食)。

*3)タンニン酸は分解され没食子酸になる。没食子酸は還元力が強いためFe2O3をFe3O4に還元する。

| いふ | よたばなし、駄文、つぶやき | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
記憶の結合
異なる古い記憶を人為的に組み合わせ、新しい記憶を作り出すことに成功
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150403/

古い記憶同士を人為的に結びつけて新たな記憶を作り出せることに成功しました。
ニュースと解説を読むだけじゃはっきり分からないけれど、光遺伝学手法なる業をつかって独立した記憶を連合させることが出来たとのこと。
トータル・リコールに一歩近づいたか!と思ったら、特定の記憶を人為的に想起させたり、偽の記憶を作り出すことは既に出来ているそうな。知らないところで少しずつ少しずつ進歩していっているのだね。

| いふ | よたばなし、駄文、つぶやき | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
板前のスキル -マルチタスクとはこれを指す-
 寿司屋で飲みながら思ったこと。
大将と女将(+弟子)の2〜3人体制でやってるお店において、大将のマルチタスクっぷりは半端ないと思う。
大将は自分の技術の粋をこらして料理を提供するだけでなく、その技量を複数のお客様に並行で提供しなければならない。
カウンターの客と会話しながら、手は小上がりの客の鮨を握る。
個人経営者なのだから、マルチで動いてなんぼでしょという意見もあるけど、間近でその所行を見ると改めて感服する。
技量自体も長年の修行により磨かれたものであるし。
マルチタスクとかパラで作業とか日常のたまわってるアプリ開発者としてそういったことが出来るだろうか、と酔いどれの心持ちのまま感じた今宵の夜。

当然鮨にも感服致しました。
蛸、美味だった。

JUGEMテーマ:グルメ
| いふ | よたばなし、駄文、つぶやき | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2015 プロ野球開幕…だけど裏でハリルホジッチ初陣
毎年の目標 DeNA VS ロッテの日本シリーズを夢見て2015年のプロ野球開幕当日。
ロッテは井口のHRもあって快勝でしたが、DeNAは残念ながら…。オープン戦は調子よかったんだがなぁ。

スポーツニュースもほぼプロ野球一色のなか、裏で(というのも失礼か)きっちりサッカー日本代表はチュニジアに2-0で勝ってます。ハリルホジッチ初陣で初勝利…なんだが扱いがちょっと少ない。放送権あるのでまーしゃーないが。

やはり日本国民は野球が好きなのね、と思った今日この頃。JUGEMテーマ:スポーツ
| いふ | よたばなし、駄文、つぶやき | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
FaceBook 連携のテスト
 FaceBookとの連携テストをしてみた。
うまく連携できるのかどうか…。

| いふ | よたばなし、駄文、つぶやき | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
大混雑、千歳川
夜明けから千歳川で釣りしてました。
余談:
ちょっと早く着きすぎたのでしばらく車内で待ってたんだけど、
窓を閉めちゃうと車内が無音になってることに気づきました。
無音なせいで体内の音(たぶん耳鳴り)がクリアに聞こえてきて逆に怖い…
改めて思うと私の暮らしてる環境って「音の無い」状況ってほとんどないなーと感じてました。

閑話休題。

釣りは朝マヅメ、夕マヅメと言いますが、その言葉通りわずか数投でヒット。
ちっちゃいブラウンだったけど幸先はよろしい。
写真はあたりが暗すぎて見れたもんじゃないので無し。

ブラウントラウトそのあとで釣れたのがこいつ。
20cmちょいくらい。ヒットルアーはリッジ56Fのヤマメカラー。今日はフローティングミノーの成績がよろしい一日でした。

それにしても。
タイトルに書いたけど、今日はすごい数の釣り師が入渓してました。すれ違った人だけでも10人近かった…。餌釣り師の方は53cmをあげたとのこと。まだそんな大物に出会ってない私としてはうらやましい限りですわ。

| いふ | よたばなし、駄文、つぶやき | 21:20 | comments(3) | trackbacks(0) | -
茶鱒と戯れる ー千歳川釣行-
 

更新は少し遅れましたが、6月初の千歳川釣行のお話。
当日は午後から用事があったため、9時までと時間を決めての釣りになりました。
その分開始は夜明け直後の4時から。
でも既に1名釣りしてる人いました…。すげぇなぁ。

いつもは上流でやるのですが、今回は移動の時間も考えて高速下で投げ始めます。
やっぱり最初はミノーで始めるんですが、相変わらず反応が鈍し、というか全然釣れへん。
で、しびれを切らしてスプーンにチェンジしていつもの転がしを始めると程なくしてヒット。

千歳のブラウントラウト20cm強のブラウン。

その後、数匹をキャッチしましたがすべてブラウン…。
サイズもしょっぱなの25cmが筆頭でした。
それにしても今年に入ってトータルで20匹弱をあげてますが、すべてブラウンでした(*1)。ちなみにヒットルアーはすべてスプーン。今日はニジマスカラーやヤマメカラーといったネイティブ色がよかった模様。
彼らを否定するわけではないけど、千歳川にはヤマメやニジマスってもういないのかなぁ。

*1 ブラウンとヤマメが同じ場所にいるとブラウンの方が優位に立つ。ちなみにヤマメとイワナだとヤマメの方が優位らしい。
数年前から千歳側のブラウントラウトの増殖については問題視されているけど、実際釣りをしてみると実感することしきり。
腕がへっぽこでヤマメさんが相手にしてくれない可能性もゼロじゃないんですが…。
| いふ | よたばなし、駄文、つぶやき | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ