スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
バイクスタンド自作
唐突ですがチャリを買いました。
CanondaleのQuick2というクロスバイクです。
…が、チャリ自体についてはまた語ろうと思いやす。

・結構高いクロスバイクなので、外に保管するのはちょっと怖い
・せっかくのクロスバイクだ、インテリアにもしたい
・部屋のスペースは減らしたくない
といった理由から、バイクディスプレイスタンド(バイクタワーとも呼ぶらしい)が
よさげかな、と。
これならチャリは空中に固定されるので床スペースは別目的に利用できるので。
ただ市販だと高価(2万弱)だし、サイズ的にもデッドスペースを作りやすい(ポールと壁の間が結構空くため、床の効率利用が難しい)ことが判明。
他にも安くてよいモノ無いかな〜と探してみたら見つかりました、
ミノウラのバイクハンガー4。
安価かつしっかりしてそう!
…なのですが、残念なことにこのバイクハンガー、壁にねじ止めして使うタイプでした。
私は賃貸住まいなのでおいそれと壁に穴を開ける訳にもいきません。
じゃ突っ張りポールになんとかして取り付けりゃいいんじゃね?と考えしばし黙考。
バイクハンガーを一度木材に固定し、更にそれをポールに固定する方法で自作トライです。
では開始〜。

バイクディスプレイスタンドのレシピ:
ミノウラのバイクハンガー4 x1(サービス期間だったらしくAmazonで980円で入手♪)
ミノウラ バイクスタンド4
ルミナス ポール x1(長さは天井の高さに応じて)
ルミナス 突っ張りジョイントポール x1(2本セットで売っているのでもう1本は余ります)
U字型金具 x2(U字の幅は木材の幅より少し大きいくらいがよい)
ボルト x4(U字金具とセットで売ってます)
ワッシャー x3(利用目的は後述)
留め板 x2
U字金具
木材(ハンガー土台用) x1
ゴムシート(滑り止め用) 適量
木材とゴム板
接着剤 適量

ポール、木材、金具、ゴム板はホームセンターで購入。
トータルで4000円くらいです。

調理道具: 
のこぎり、カッター、ドライバー、スパナ、六角レンチ

1.バイクハンガー4の開封。本体と取り付けねじが3本(長、短の2種)あります。
その他にヘルメットなど小物をかけるための金具も付属していますが今回は未使用です。

2.バイクハンガーを取り付ける木材を準備します。
縦方向をバイクハンガーのサイズに合わせて18cmくらいにカット。
木材の裏に滑り止め用のゴムを貼ります。
U字金具とポールの間に挟むゴムも用意(レシピの写真の上にある細いゴムのこと)

3.バイクハンガーを木材にねじ止めします。ねじの長さと木材の厚さがどっこいどっこい
なので、貫通しないようにワッシャーをかまして少し厚さを稼ぎます。
バイクスタンド固定

4.突っ張りポールにバイクスタンドをこんな感じでセットします。
バイクスタンド横
U字金具と留め板でスタンドとポールを挟んで固定します。
滑り止めのためポールとU字金具の間にもゴムを挟んでおきます。
バランスをとりながら上下のボルトを締め込みます。
スタンドが固定されたら完成〜。作業時間は15分くらいです。
横からみるとこんな感じ。
バイクスタンド横
前からみるとこんな感じ。
バイクスタンド表

6.突っ張りポールを立てて固定します。垂直に立てる必要があるため、こっちの作業の方が時間食いました。
そしてQuick2をセット!
インテリアとしてもなかなかの迫力です。
ディスプレイ結果
ホールド部分のアップ。
ディスプレイ拡大
シャフトとの接点はゴムが被さっているので傷がつきません。

インテリアとしての魅力が思ったより高く、このまま飾っておくのも…と本末転倒なことになってしまいそう…。

次回は飾られてるチャリについて触れるとおもいます。
 
JUGEMテーマ:スポーツ
| いふ | くろすばいく | 22:32 | comments(2) | trackbacks(0) | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ