スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
トラウトロッド フェルール化 (1)

今日は釣りの話。

ルアーフィッシングをずっとやってますが、4年くらい前からベイトリールに移行しました(経緯をいつか書くかもしれません)。

最近流行りのロープロファイルではなく、丸形リールに興味があり、

アブのLevoからさっさとSHIMANOのカルコンに鞍替えし、今年はアブのアンバサダーに手を出しました。

カルコンにしろ、アンバサダーにしろ丸形リールにはオフセットグリップだろう(だいぶ偏ってる…かも)、と常々思ってましたが、オフセットグリップのトラウト用ロッドは調べる限り市販はなく、カスタマイズが主流のようでした。

しかも結構お金かかります。

 

じゃぁ作るかということでトライしてみました。

目を付けたのはこれ。

SMITHのスーパーストライク・シングル・グリップ。スミスではブランク付も販売しています(当然のことながらブランクはバス用)

smith スーパーストライク

オフセット・ガングリップです。

かっこいい。

ブランクの取り替えが出来て、さらにマグネシウム製なのでオールドグリップに比べ軽く、見た目だけでなく使い勝手もよさそうです。

様々なブランクにフェルールつけて状況に応じて切り替える。うーん、色々楽しめそう。

 

で、初回のターゲットをどうするかですが、まず試しに安物をチョイス。

グレート鱒レンジャーです。

鱒レンジャー全景

シックにDark Knightにしました。

2018現在、CT50とCT40が販売されていますが、CT50は振った感触がかなりダルかったので短いCT40にしました。

CT40は思った以上にシャッキリしているのでネタとはいえ使えるロッドになりそうです。

価格2,500円。

バラシに失敗してもまぁ痛くない額です。

鱒レンジャー CT40

ちなみにスーパーストライクグリップは15K Overでした。おおぅ、6倍かよ…。

 

さて鱒レンジャー Dark Knight、実釣するどころかガイドにラインすら通すこともなくフェルールを取り付けるため早速解体に入ります。

グリップの取り替え手順を紹介しているサイトを参考にバラシを開始。

まずはコルク部分をむしります。

ペンチ、ニッパーで簡単にはげます。コルク部分といってますが、薄ーくコルクシートが巻かれているだけで、中はほとんど発泡素材です。見えないところでコストカットしてます。

解体2

綺麗にむしれました。

解体4

次はパイプシートを外します。

糸ノコで切れ目を入れて、ドライバーでこじります。

プラ製なので簡単に割れて外れます(Abuのディプロマットをこの後バラすのですがそっちの苦労といったらもう。鱒レンは天国です)

解体5

 

芯は紙が巻かれていました。

手でもむしれます。

解体6

固い部分は糸ノコで切って、ドライバー突っ込んでこじる。

解体7

 

ブランクはグリップの1/3程度で残りはグラスファイバー(多分)の筒でした。

見えないところでコストカットしてます(2回目)w。

解体8

全部紙を取り終わるとこんな感じです。

バットのグラスファイバー管はフェルール化には不要ですので外します。

ブランク削り1

こちらはカッターで削ります。指向性があるので竹のように簡単に削れます。

(飛沫が多いので外で作業しました)

ブランク削り2

 

ブランクばらし完了。

作業時間は小一時間くらいですね。

 

さあ次はバットフェルールへの取り付け〜と行きたいのですが、バットフェルールがまだ届かない…。

ブランク削り3

 

というわけでフェルール化 (2)に続きます。

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

| いふ | まい ふぃっしんぐ らいふ | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
十本刀(壱) 小柄 丹波守吉道

タイトルはアレですが、所有してるナイフやら小刀やらが10本越えてきたので少しずつ紹介していこうかなと思います。

で1本目。

 

小柄です。

蚤の市で刀身のみ3,000円くらいで入手。

刃元が欠けていますがそれも味ですね。おかげで安かったですし。

全体サビサビだったのを研いだところ、銘が判明。「丹波守吉道」とのこと。

小柄

丹波守吉道【たんばのかみよしみち】

江戸時代 初期〜中期 摂津辺りの刀匠で、大阪初代〜三代、京都初代〜…など何人もいるらしいです。

この小柄が本当に彼らの手の物かは知る術がないですけど。

研いだところそこそこ斬れますんで、小刀として愛用してます。

 

刀身むき出しだとさすがに危ないので鞘作りました。

[納刀]
納刀

[抜刀]

抜刀

| いふ | いいものをすこしずつ | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Ver2.1です

といっても大して変えてませんが。

2年ぶりに再開しようと思うのでガワを少しいじりました。

 

今日はここまで。

 

| いふ | よたばなし、駄文、つぶやき | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
あーさん、ぶちさん卒業
評価:
芳文社
芳文社
¥ 360
(2015-11-28)
コメント:今回はぶちさん、あーさんの卒業式回。そして次回、遂にGA完結……。寂しい。

 あーさん、ぶちさんコンビ崩壊の危機(笑)はあーさんの進路に関してのすれ違いからでしたが、二人の関係が壊れることはなくお互いそれぞれの進路を認識し合い円満解決しました。
それから半年(劇中では1ヶ月ほど)。
彼女らが卒業の時を迎えます。

前々から色々含みのあったあーさん、魚住の二人もある結末にたどり着きました。あーさんがさんざん使ってきた部長箱に魚住も一緒に入り彼女と同じ目線になりそしてある言葉を伝える。
その言葉は書かれていませんが、今までGAを読んできた読者の想像に任せるといったところでしょうか。

本作の主人公は如月ら1年生組ですが、彼女らの学園生活を追うだけでなく、彼女らと別軸の活動、視点で学園生活を描く存在だったのが美術部組です。1年生組と時に交わりながら本作に深みを与えていました。その美術部を率いる部長 あーさんこと芦原は本作のもう一人の主人公と言えます。如月にとってはぶちさんとはまた違った憧れの存在です。
今号はそんなあーさんにとっての最終回。
あーさん登場時から彼女の心残りであり続けた美術部の存続に対して、如月が答えを口にします。
そして次号は最終回。
改めて前回(宇佐美センセイ視点で美術を学ぶって何?をテーマにしている)を読み返してみると、本作のもう一つの軸 教師組にとっての最終回にとれます。でその前の回(自画像制作を通じて1年生組がこの1年で学び変わっていった事を描いてる)は1年生組の最終回にもとれるのです。
では次回は…。10年くらい経った後の誰かの視点で過去を振り返ってたりして。


ぶちさんのリボンの送り相手はちょっとしたミスリードでしたね。
シンプルに如月に渡すものと思いましたが、ぶちさんのリボン→あーさんでした。あーさんのリボンは如月へと渡されました。
あーさん→如月(リボン)、如月→あーさん(美術部入部の発言)には、卒業回の鉄板ネタ「継承」の意味を込められているんでしょう。
| いふ | コミック、書籍 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
まつらいさん逝く
声優の松来未祐さんが亡くなったことが昨日発表されました。
独身、婚活ネタでよくいじられてて、声優の結婚報道があれば祭り上げられてたから
昨日のトレンドに載ったときにはまさか遂にまつらいさん結婚か?と思いきや…。
……。

絶望先生の藤吉晴美、ひだまりの吉野屋先生、這いよれのクー子、ハヤテの伊澄…と
好きな作品で特徴ある役を好演されてました。
少し甘ったるげで憂いのある声が印象的でした。
…過去形で語らなきゃいけないのが悲しいです。


私的にはアニメの出演以上にラジオ番組での印象が強い声優さんでした。
おしゃ木で小野坂にいじられるまつらいさん
さよなら絶望放送で神谷にいじられるまつらいさん
寝起きにポテチで阿澄と楽しくやってるまつらいさん
その他ラジオのゲストに呼ばれパーソナリティにそれなりにいじられるまつらいさん
いじられっぱなしですが、それでもころころを笑っていたまつらいさん。
多くの関係者のつぶやきやらBlogを見ても皆から愛されてたのだなと思います。

新井里美のBlogが泣けます。


ご冥福をお祈りします。

| いふ | 中の人たち | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ